マラソンブログ

Blog

マラソンやチーズに関するトピックを紹介していきます。

マラソンブログ

  • コラム

QBB神戸マラソンブログ【マラソンのココロエ番外編2】大会では「走る」以外の時間も必要?!

こんにちは!QBB 神戸マラソンブログ担当のUです。

Run&Cheese アドバイザー上谷聡子先生による「マラソンのココロエ 番外編」。

第2回目はタイムについて。

完走するためには、制限時間をクリアしなくてはいけません。

走るだけで精一杯、ペースまで考えられない!という方は、「タイム」にも種類があるということを意識することから始めてみましょう☆

qbb神戸マラソンブログです。マラソンのタイムには、種類があるということを意識することから始めてみましょう。

こんにちは、上谷です。

皆さんは「グロスタイム」と「ネットタイム」という言葉をご存知ですか?

「グロスタイム」は号砲からフィニッシュまで、「ネットタイム」はあなたがスタートラインを通過してからフィニッシュまでの時間を指します。

これらのタイム差が、初マラソン挑戦者にとって重要になってきます。

なぜなら、後方からスタートする確率の高い初心者ランナーは、スタートラインを越えるまでにしばらく時間を要するからです。

神戸マラソンでは、時間差でスタートするウェーブスタートが採用されていて、第2ウェーブからスタートした全員がスタートラインを越えるのに、約12分かかると想定されています(公式HPより)。

他にも、レース中のトイレや給水・給食時に時間がかかるため、走る以外にも時間が必要になってくるのです。もちろん、それらも「ネットタイム」に含まれます。

1kmを平均8分30秒で走ると、約6時間で完走できる計算ですが、実際のネットタイムは6時間25分を越える可能性が。

また、フィニッシュまでにいくつか「関門」が設定されており、関門によっては8分30秒よりも速く走る必要が出てくる区間もあります。

これらのことも考えながら、走るペースも少し気にする9月にしてみましょう。

  • twitter
  • facebook
  • instagram

最新記事 最新記事

PAGETOP